任意売却

任意売却サポート

近時、住宅ローンの返済が困難になった場合、多くの債権者が競売申立て前に任意売却を検討するようになりました。競売の進行中に任意売却に移行することもあります。また借金のある相続が発生し、相続放棄の判断を求められたとき、放棄前(弁済等)もしくは放棄後(買戻等)に任意売却を利用し解決できる場合があります。任意売却によるメリットはそれだけ大きいといえます。

しかし、任意売却として取引を成立させるためには、処分権者である債務者又は所有者の協力、詳細な契約条項や売買価格の決定、より優位な買受人探し、債権者等利害関係人への配分並びに滞納税金の整理などいくつかの調整が必要となります。

また任意売却は、競売と異なり裁判所による法定の手続きによって進められるわけではありません。従って、その実行において、所有権移転登記と売買代金に基づく配分金の授受が同時履行となり、競売手続きや倒産法の関係とあいまって、煩雑かつ入念な準備が求められます。

これら任意売却成立の事前事後において、書類や手順の確認、登記や債務整理など状況に応じた支援を、
司法書士が徹底サポート致します。



任意売却のメリット

メリット1 所有者(債務者)にとって
任意売却は交渉に基づき進行するため、債務者の引越代や債務整理の費用を捻出できる場合が多いようです。その結果、早期に有利な債務整理を行いやすく、経済的再生を図ることができます。また債権者は債務の減免や、返済方法のリスケジュールに比較的柔軟に対応してくれます。

メリット2 債権者にとって
競売手続きに比べ経費の負担が少なく、また超過売却などの取引制限がありません。通常の売買と同等に市場のニーズに合致した取引が進行するため、早期かつ多額の回収を図ることできます。

メリット3 買受人にとって
競売手続きのような引渡しや借地権問題でトラブルを生じることがありません。住宅ローンも組みやすく抵当権の設定も簡便です。

■ 空き家問題

今、地方でも「空き家問題」が深刻化しています。
放置された空き家物件には、防犯上の問題や衛生上の問題が生じるとともに、朽廃して倒壊する危険性がでてきます。

空き家が増加する理由のひとつに、所有者が死亡して相続人がいないということがあげられます。また相続人はいるけれど相続がまとまらない、もしくは必要ないのでそのまま放置しているということがあります。仮に相続がまとまって売却しようと思っても、地価の下落により売りたい価格で売れなかったり、更地で売却しようにも解体費や固定資産税の上昇があってコスト倒れになってしまうということもあります。被相続人の借金問題が加われば、より手続きは複雑化し長期化いたします。今後、空き家問題は引き続く少子高齢化に伴い、より深刻化していくものと思われます。

こうした空き家問題に対し、司法書士は相続支援の立場で次のサポートをいたします。

サポート1 遺言書の作成

公正証書遺言の作成をサポートします。遺言は相続開始後の紛争を防止しスムースな執行に寄与します。

サポート2 相続財産管理

相続人不存在のケースでは相続財産管理人を選任します。相続人がある場合には任意相続財産管理人として、財産の整理・処分の手続きをサポートします。

サポート3 任意売却

住宅ローン債務などの負担付不動産の相続において、任意整理・任意売却・限定承認など相続人に最も適した解決方法を検討します。

詳しくはこちら→コラム「空き家問題」


初回のご相談は無料です。

相続に関する初回のご相談は、司法書士が無料で対応致します。
事前予約にて
土日夜間でも対応致します。
      
 メールでのご相談はこちら


任意売却登記等の費用

初回のご相談は無料です。

  報酬 実費
相談 初回無料 無料
抵当権抹消登記 1万円 1筆1,000円
所有権移転登記
(売買)
3~6万円 登録免許税 
(⇒詳細はこちら
 抵当権設定登記 2万5千円~ 登録免許税
(⇒詳細はこちら
登記事項証明書 1筆1,000円 1筆480円

※お電話の際は、ホームページを見たとお伝えください!
※登記費用は事前にご説明します。
※各種手続き費用はこちら
 手続き費用  



栃木県  
 宇都宮市  小山市  栃木市  下野市
 鹿沼市  壬生町  石橋町  上三川町
 高根沢町  塩谷町  日光市  真岡市
 益子町  茂木町  大田原市  矢板市
 岩船町  野木町  足利市  佐野市
 さくら市  都賀町  大平町  
その他 栃木県内全域

茨城県 
 古河市  下妻市  結城市  筑西市
 土浦市  坂東市  水戸市  石岡市
 小美玉市  つくば市  桜川市  猿島郡
 常総市  守谷市  笠間市  
 その他 茨城県内全域


このエントリーをはてなブックマークに追加