ブログ(とちぎ探訪)

地元とちぎの郷土史・文化・街並みなど紹介していきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史・文化

壬生町/羽生田 産業未来基地

lgf01a201312031600

【とちぎ探訪】壬生町羽生田

いにしえの王国羽生田には数多くの首長墓級大型古墳が築造されました。

国指定史跡の茶臼山古墳(6世紀後半)をはじめ、周辺に富士山古墳、長塚古墳、桃花原古墳、亀の子塚古墳、判官塚古墳(鹿沼)があります。

特に茶臼山古墳は丘陵の先端に築かれていて二段重ねの前方後円墳として総全長は140mにも達します。

これらの地は、町の中央部を流れる黒川を中心に、およそ恵まれた自然環境の下、原始・古代から多くの人々が暮らしていたことがうかがわれます。

かたや今次・・

羽生田は、2000年に全国都市緑化フェア(マロニエとちぎ緑花祭2000)の開催地となり

北関東自動車道開通など周辺の環境が変化したことで、産業団地として造成することが決定し今日に至っております。

まさに、いにしえの隆盛から2000年の時を超えて、新しい産業と文化が芽生えようとしているわけですね。

「産業未来基地 とちぎ中央」の情報は→こちら

 

つづく

壬生町/羽生田 本学谷東遺跡

000018737
市川市の須和田で発掘された「須和田式土器」

【とちぎ探訪】壬生町羽生田
壬生町の縄文時代の遺跡として、中期から後期にかけての土器が多く出土する八剣(やつるぎ)遺跡と上田遺跡があげられます。
弥生時代に入ると遺跡の数は極端に減少する傾向にあるようです。
弥生時代はわずか数百年程度と短期間ですが、社会・政治上の変化は大きい時代でした。
壬生町本学谷東遺跡は、畑の耕作中に須和田式土器三個体が出土した貴重な遺跡です。
また、須和田式土器は、近年に至るまで、関東地方における弥生時代成立の基準的な資料として重要な位置を占めてきました。

これまで、狩りや魚とりの暮らしをしていた縄文時代から、弥生時代に移るころ、米作りが始まり「むら」ができました。
やがて、小さな「くに」が各地にできて、豪族たちがおさめるようになります。

はるか、邪馬台国の女王「卑弥呼」が中国に使いを送ったとされるころ・・
壬生町は、水と緑に恵まれた土地にあり「むら」や「くに」として暮らしが栄え、多くの足跡を残しています。

ますます、深みにはまってまいりました・・・・
引き続き、(素人ながら)歴史探訪を続けてまいります。

詳しくはこちら↓(ウィキペディアより)
「卑弥呼」

参考資料:壬生町教育委員会 壬生町埋蔵文化財報告書第13冊

次回は壬生町羽生田の街並みを予定します。

壬生町/福和田 芋煮会の季節です!

【とちぎ探訪】壬生町福和田

福和田は、壬生町のほぼ中部、黒川の東側に接する小高い台地に位置し、南北に走る県道172号線沿いを中心にのどかな町並みが続いています。

明治22年に町村制施行により旧上稲葉村と旧福和田村等が合併し稲葉村となり、昭和29年稲葉村が壬生町と合併し壬生町大字福和田となりました。

 

DSC_0090

 

晩秋のこの季節は、恒例の山形風芋煮会が開催されます。

山形風芋煮はしょうゆベースで大変美味、心もあたたまり、毎年大好評と伺いました。

時間のある方はぜひご賞味ください。

 

DSC_0094

 

開催場所近くにある「いろり茶屋」のお蕎麦は、のどごし良い細めんでとてもおいしいです。

打ち立ての「もり蕎麦」に天ぷらを添えて・・

新そばのこの時期、併せて楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

DSC_0093

大好きな「かき揚げそば」

DSC_0087

 

次回「本学谷東遺跡/壬生町羽生田」を予定します。

壬生町/福和田 八剣遺跡

【とちぎ探訪】 壬生町

土偶土器の把手
八剣遺跡出土 土偶土器の把手(トリの背にヘビが表現されている)

壬生町八剣(やつるぎ)遺跡は北関東自動車道の建設に伴って発掘調査が行われました。
その結果、縄文時代後半(今から4,500 〜 2,500 年前頃)の大きなムラの跡であることがわかりました。
たくさんの土器の他、土偶も発見されました。
土偶は人間の形をした土の焼き物です。
神の偶像や護符(お守り)など様々な説がある他、ほとんどが壊されて発見されるため、身代わりとしての人形という考え方もあるようです。
また、乳房が表現されるものが多いため、「縄文の女神」と呼ばれることもあります。
また、動物形の把手も出土しています。
これは土器の口に付く把手(突起)で土器の内側を向いてトリが、その背中にヘビが表現されている優品です。

引用資料
栃木県総合文化センターでの遺物展示記録
栃木県埋蔵文化財センター

次回壬生町福和田の街並み情報を予定します。

壬生町/歴史・文化・街並み

【とちぎ探訪】 壬生町

壬生町(みぶまち)は、壬生藩の城下町として、また日光西街道の宿場町として栄えてまいりました。

今日、蘭学通りをはじめ、そのたたずまいとエッセンスが街並みのいたるところに綴られております。

壬生町は、平坦な土地が広がっていることから、古代から人が生活をしており、古墳などの遺跡も多数残っています。

そして、多くの偉人たちとともに壬生の歴史と文化のあゆみが重ねられてきました。

ここでは、地元壬生町の歴史(郷土史)・文化を探訪しながら「壬生の街並み」などを紹介していきたいと思います。

初回は、縄文時代の八剣(やつるぎ)遺跡(福和田)について記述します。

土偶

コメントを残す