よくある質問(遺産分割)

ここでは、遺産分割に関するよくある質問を随時紹介していきます。

遺産分割協議書に添付する印鑑証明書に期限はありますか?(印鑑証明書の期限)
売買や贈与を等による所有権移転登記に添付する印鑑証明書は3か月以内に取得したものでなければなりませんが、相続登記に添付するものには期限の定めはありません。ただし、金融機関等に提出する場合は、3か月又は6か月以内のものを必要とされる場合があります。
遺産分割する相続人の中に未成年者がいる場合はどうするのでしょうか?(未成年者と遺産分割)
未成年者の遺産分割は、本来親権者が法定代理人として未成年者に代わって行います。しかし、例えば、父親が死亡し、妻と未成年の子が遺産分割する場合、父親の妻(未成年者の母親)と未成年の子の協議は互いに利益が相反することとなり、法定代理人となることはできません。そこで、この場合は、親権者である子の妻が、裁判所に子の特別代理人選任の申立てをし、選任された特別代理人が未成年者である子に代わって、被相続人の妻とともに遺産分割協議に参加するということになります。
このエントリーをはてなブックマークに追加