壬生町/壬生氏の興亡

rental;wikipedia壬生 家紋
——rental;wikipedia–三つ巴 壬生氏家紋   https://goo.gl/Kcz8fk

【壬生氏の出自】
壬生氏の出自は諸説あるようです。
室町時代に京都の官人家・壬生家(小槻氏)の後裔として、壬生胤業を祖とする説。毛野氏族の壬生氏(壬生公)の後裔とする説。あるいは、壬生胤業を宇都宮氏庶流横田氏の一族である壬生朝業の末裔とし、壬生朝業を壬生氏の祖とする説もあるようです。さらに、一説には、天台宗三世座主に就いた慈覚大師円仁を出した上古からの在庁官人壬生氏の後裔とするものがあります。この上古壬生氏は、古代に東国を平定したた崇神天皇の皇子豊城入彦命の後裔を称し、平安初期都賀郡南部を勢力下においた豪族で、円仁が修業した大慈寺の発展にも寄与した豪族であったとのこと。そしてこの壬生氏が平安、鎌倉時代において徐々に武士化し、室町時代中期に壬生城を築いた。やがて、宇都宮氏の被官となり、家督に宇都宮氏もしくはその一族から養子を迎えて、宇都宮氏の一門として発展してきたと説かれています。
参考 壬生町史他

【壬生氏の鹿沼進出】
『壬生町史』通史編Ⅰには、壬生氏は、下野一宮宇都宮明神(二荒山神社)の神官領主宇都宮氏の一族で壬生(壬生町壬生)一帯を領してみずからの名字とした。ただし、連歌師紫屋軒宗長の紀行文「東路のつと」(『群書類従』一八)には、「かぬまといふ所に(壬生)綱房父筑後守綱重の館あり」と記され、宗長が鹿沼を訪れた永正六年(一五〇九)の時点では、すでに壬生氏は鹿沼への進出をはたしていた。綱房の代には、二男昌膳を聖地日光山の実質的な最高位である御留守職に就任させるとともに、綱房自身は広大な神領支配の責任者である惣政所となった。(「押原推移録」)と記されています。
参考 随想舎 江田郁夫著「下野の中世を旅する」

【壬生胤業、新町に屋敷を構える】
さらに壬生偉人伝によりますと、壬生胤業は、下野の戦国時代が始まる、15世紀前半に活躍した人物である。胤業が、1462年に壬生の新町堀之内(あらまちほりのうち)に屋敷を構えたことにより、壬生城の歴史が始まったという。壬生氏は、胤業のあと、綱重、綱房、綱雄(つなたけ)、義雄(よしかつ)の五代にわたり、戦国大名として壬生城を支配した。現在の壬生城を築いて本拠としたのは、二代綱重とされている。やがて壬生氏は、1590年豊臣秀吉の小田原征伐の時、北条氏に味方したため、北条氏の敗北とともに滅んだとあります。
参考 壬生町図書館資料 壬生偉人伝「壬生のあゆみと文化」

いずれにいたしましても、今日の壬生町繁栄の礎が、勢力争いの厳しい室町時代における壬生氏の活躍にあるということは間違いないようです。

次回に続きます。

下野国/中世の下野武士

Yoshitoshi_Fujiwara_no_Hidesato

rental;wikipedia 藤原秀郷
https://goo.gl/4PxknT

【伝説の将軍 藤原秀郷】十世紀半ば、下野国を攻めるなど、ときの朝廷を震撼させた平将門の反乱(天慶の乱)がありました。このとき、抜群の軍功をあげ、のちの藤姓足利氏の先祖となる下野国の押領使藤原秀郷「俵(田原)藤太秀郷」という武将がいました。秀郷にはいくつもの伝承があり、中でも大ムカデを退治した次のような物語が有名です。

天皇から恩賞として下野国に領地をもらい下向の途中、「勢多の唐橋」で、龍神から近江の国三上山の大ムカデの退治を頼まれ、それに成功します。その礼に秀郷は三つの不思議な宝物を龍神から授かり、さらに招かれた龍宮でも黄金の鎧と黄金の太刀などを授かり、龍王はこの鎧と太刀で悪者を倒せば、きっと将軍になれると秀郷に告げたといいます。かたや平将門は関東を占領し新王と名乗っていました。将門は余りに超人的で無敵でありましたが、秀郷は龍神の助けでみごと此を討ち取り、蝦夷征伐のための鎮守府将軍と武蔵・下野両国の国司に任じられたといいます。

かくして英雄のように語られる秀郷ではありますが、はじめは将門と紙一重の反国司・反国家的な存在であり、国司すら手に負えぬ強力な地方軍属でありました。それでも鬼神将門の首を掲げ都に凱旋した秀郷の、大見得の立ち位置は抜群で、およそ地方豪族としては異例ともいえる中央軍属貴族の地位を獲得したのであります。またその戦略においても、「素より古き計あり」「古計の厳しきところなり」(将門記)とあるように、実は、勇ましいというより機をみて老練な戦上手の人物であったと評されております。

次回は【壬生氏の歴史】をさぐります。

参考書籍 随想社/知られざる下野の中世

下野市/下野国の成立

Shimotsuke_Kokucho_Ruins_maedono
rental;wikipedia : File:Shimotsuke Kokucho Ruins maedono.JPG

]【下野国の成立】

律令制度の古代五畿七道、畿内より遠国として位置つけられる東山道に属する下野国は、律令国家の確立過程において、渡来人の移配地として多文化交流が盛んになり、先進的な技術や文化がもたらされたと「日本書紀」にあります。

下野国は、東国全体の中で、特に東北の勢力に対抗する最前線としての役割を担い政策的に重要視されたことから、人々の負担や不安の拠りどころとして下野薬師寺が建立されたとの見方があります。また下野薬師寺周辺は、古墳時代から下野国の中心として栄え、多くの重要な遺跡が残されています。

下野国は、もともとは毛野(けぬ)という一つの国が分割され、畿内、都に近い方が「上毛野(かみつけぬ)のちの上野国(こうづけのくに)」、遠い方が「下毛野(しもつけぬ)のちの下野国(しもつけのくに)」の二国になったといわれています。

国府は都賀郡に置かれ、梁田、足利、安蘇、寒川、芳賀、都賀、河内、塩谷、那須の九郡から構成されています。 俗に野州とも呼ばれる下野の国は、北部から北西部に奥羽山脈、日光連山、足尾山地が連なり、その急峻な山岳から鬼怒川、那珂川、渡良瀬川が流れています。美しい渓谷の景色、広がる田園、河川は関東平野につながり晴れの日には富士山も見えます。一方、畿内からみた東山道下野国は山岳に囲まれ、通行の険しい遠い未開の地という意識があったようです。

鎮護仏教の時代から平安時代を経て、やがて下野国は豪の者の台頭により、厳しい武家の時代において、関東武士の名だたる兵(つわもの)を排出することとなります。

次回につづきます。

参考 旧南河内町教育委員会「ビジュアル下野薬師寺」・旧国分寺町「図説国分寺町の歴史」

 

下野市/下野国薬師寺

DSC_0011
復元回廊・・回廊の北西角部分
【下野市】
栃木県下野市は、2006年に河内郡南河内町と下都賀郡国分寺町、同石橋町の合併により新設されました。旧国分寺町及び旧南河内町には、巨大古墳・国府・日本三戒檀薬師寺など長い歴史の中で培われた文化財が多く残されています。また古くより交通の要衝でもあったこの地域に1972年自治医科大学が設置され、地域医療においても先鞭となる街となりました。

【下野国薬師寺の創建】
下野国薬師寺の創建は、7世紀末天武朝の頃と推測されています。8世紀後半には戒檀が設置され、奈良の東大寺、大宰府の筑紫観音寺と並び三戒檀の一つとして東国における仏教文化の中心として栄えたとされています。
以下、暫く下野薬師寺の歩みを背景に郷土史探訪にのぞみたいと思います。

【戒檀】
戒檀とは仏教僧に戒を授ける式場のことをいいます。インドでは釈尊の在世時代に祇園精舎に造られたといわれ、中国では250年頃に洛陽に建立されたのが始りで、律宗を盛んにした道宣のときに流行しました。
仏教が日本に伝わり、国家としての仏教が進展したものの、僧侶としての戒律があいまいであったため、私度僧(勝手に僧を称する者)が急増するといった問題が表面化します。そこで鑑真和上を唐より招来し戒檀を成立せしめ、受戒の作法が確定しました。戒檀が置かれた寺は、中央では総国分寺である東大寺、西海道では「縁の朝廷」大宰府に伴う筑紫観世音寺であり、東国では定額寺相当である下野薬師寺でありました。

次回につづきます。

参考 旧南河内町教育委員会「ビジュアル下野薬師寺」・旧国分寺町「図説国分寺町の歴史」

壬生町/羽生田 古墳群概要

はにわ
富士山古墳出土 家形埴輪

【とちぎ探訪】壬生町羽生田

年末に、羽生田古墳群を散策しておりましたところ、茶臼山古墳入口にて当地区古墳群マップが配布されておりました。そこで、当該資料に基づき当地区古墳群解説の概要を転記します。

羽生田地区の古墳群
羽生田地区においては、6世紀の後半に入り、突如として丘陵状に茶臼山古墳と富士山古墳が築かれます。
両古墳とも大型の埴輪群を持つことが判明していますが、新旧関係については不明です。
両古墳から出土している板格子飾りをもつ家形埴輪のつくりから、茶臼山古墳が先に築かれたと考えられています。
続いて、埴輪を立てる風習がなくなった後に、長塚古墳、さらに最後の古墳として桃花原古墳が造られたと考えられています。
羽生田地区には現在、大小合わせ約50基の古墳が確認されています。

茶臼山古墳(国指定史跡)6世紀後半
2段に造られた全長91mの前方後円墳。堀、土塁を含めると全長140m
明治年間に行われた発掘調査で、富士山古墳と同様の組み合わせ式の家形埴輪と大型の円筒埴輪列が確認されています。

富士山古墳(県指定史跡)6世紀後半
2段に造られた直径86m、長さ12mの円墳。平成5年の調査で、国内最大級の家形埴輪(写真)や県内最大の円筒埴輪列が確認されました。
人物や動物の埴輪も確認されました。

長塚古墳(県指定史跡)6世紀末~7世紀初め
2段に造られた全長77m、高さ7mの前方後円墳。墳丘の周囲には周溝がありましたが現在は失われています。平成12年の調査により幅6m、深さ1.5mの堀が確認されました。

桃花原古墳 7世紀前半
3段に造られた直径63m、高さ5mの円墳。平成13年の調査により、墳丘を覆う葺石や前庭が確認されました。死者を葬った石室の存在も明らかになりました。
鉄剣や帯金具などの副葬品も確認されています。

亀の子塚古墳
全長35mの帆立貝方前方後円墳。人物や動物の埴輪、墳丘の葺石が確認されています。

壬生町/羽生田 産業未来基地

lgf01a201312031600

【とちぎ探訪】壬生町羽生田

いにしえの王国羽生田には数多くの首長墓級大型古墳が築造されました。

国指定史跡の茶臼山古墳(6世紀後半)をはじめ、周辺に富士山古墳、長塚古墳、桃花原古墳、亀の子塚古墳、判官塚古墳(鹿沼)があります。

特に茶臼山古墳は丘陵の先端に築かれていて二段重ねの前方後円墳として総全長は140mにも達します。

これらの地は、町の中央部を流れる黒川を中心に、およそ恵まれた自然環境の下、原始・古代から多くの人々が暮らしていたことがうかがわれます。

かたや今次・・

羽生田は、2000年に全国都市緑化フェア(マロニエとちぎ緑花祭2000)の開催地となり

北関東自動車道開通など周辺の環境が変化したことで、産業団地として造成することが決定し今日に至っております。

まさに、いにしえの隆盛から2000年の時を超えて、新しい産業と文化が芽生えようとしているわけですね。

「産業未来基地 とちぎ中央」の情報は→こちら

 

つづく

壬生町/羽生田 本学谷東遺跡

000018737
市川市の須和田で発掘された「須和田式土器」

【とちぎ探訪】壬生町羽生田
壬生町の縄文時代の遺跡として、中期から後期にかけての土器が多く出土する八剣(やつるぎ)遺跡と上田遺跡があげられます。
弥生時代に入ると遺跡の数は極端に減少する傾向にあるようです。
弥生時代はわずか数百年程度と短期間ですが、社会・政治上の変化は大きい時代でした。
壬生町本学谷東遺跡は、畑の耕作中に須和田式土器三個体が出土した貴重な遺跡です。
また、須和田式土器は、近年に至るまで、関東地方における弥生時代成立の基準的な資料として重要な位置を占めてきました。

これまで、狩りや魚とりの暮らしをしていた縄文時代から、弥生時代に移るころ、米作りが始まり「むら」ができました。
やがて、小さな「くに」が各地にできて、豪族たちがおさめるようになります。

はるか、邪馬台国の女王「卑弥呼」が中国に使いを送ったとされるころ・・
壬生町は、水と緑に恵まれた土地にあり「むら」や「くに」として暮らしが栄え、多くの足跡を残しています。

ますます、深みにはまってまいりました・・・・
引き続き、(素人ながら)歴史探訪を続けてまいります。

詳しくはこちら↓(ウィキペディアより)
「卑弥呼」

参考資料:壬生町教育委員会 壬生町埋蔵文化財報告書第13冊

次回は壬生町羽生田の街並みを予定します。

壬生町/福和田 芋煮会の季節です!

【とちぎ探訪】壬生町福和田

福和田は、壬生町のほぼ中部、黒川の東側に接する小高い台地に位置し、南北に走る県道172号線沿いを中心にのどかな町並みが続いています。

明治22年に町村制施行により旧上稲葉村と旧福和田村等が合併し稲葉村となり、昭和29年稲葉村が壬生町と合併し壬生町大字福和田となりました。

 

DSC_0090

 

晩秋のこの季節は、恒例の山形風芋煮会が開催されます。

山形風芋煮はしょうゆベースで大変美味、心もあたたまり、毎年大好評と伺いました。

時間のある方はぜひご賞味ください。

 

DSC_0094

 

開催場所近くにある「いろり茶屋」のお蕎麦は、のどごし良い細めんでとてもおいしいです。

打ち立ての「もり蕎麦」に天ぷらを添えて・・

新そばのこの時期、併せて楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

DSC_0093

大好きな「かき揚げそば」

DSC_0087

 

次回「本学谷東遺跡/壬生町羽生田」を予定します。

壬生町/福和田 八剣遺跡

【とちぎ探訪】 壬生町

土偶土器の把手
八剣遺跡出土 土偶土器の把手(トリの背にヘビが表現されている)

壬生町八剣(やつるぎ)遺跡は北関東自動車道の建設に伴って発掘調査が行われました。
その結果、縄文時代後半(今から4,500 〜 2,500 年前頃)の大きなムラの跡であることがわかりました。
たくさんの土器の他、土偶も発見されました。
土偶は人間の形をした土の焼き物です。
神の偶像や護符(お守り)など様々な説がある他、ほとんどが壊されて発見されるため、身代わりとしての人形という考え方もあるようです。
また、乳房が表現されるものが多いため、「縄文の女神」と呼ばれることもあります。
また、動物形の把手も出土しています。
これは土器の口に付く把手(突起)で土器の内側を向いてトリが、その背中にヘビが表現されている優品です。

引用資料
栃木県総合文化センターでの遺物展示記録
栃木県埋蔵文化財センター

次回壬生町福和田の街並み情報を予定します。

壬生町/歴史・文化・街並み

【とちぎ探訪】 壬生町

壬生町(みぶまち)は、壬生藩の城下町として、また日光西街道の宿場町として栄えてまいりました。

今日、蘭学通りをはじめ、そのたたずまいとエッセンスが街並みのいたるところに綴られております。

壬生町は、平坦な土地が広がっていることから、古代から人が生活をしており、古墳などの遺跡も多数残っています。

そして、多くの偉人たちとともに壬生の歴史と文化のあゆみが重ねられてきました。

ここでは、地元壬生町の歴史(郷土史)・文化を探訪しながら「壬生の街並み」などを紹介していきたいと思います。

初回は、縄文時代の八剣(やつるぎ)遺跡(福和田)について記述します。

土偶