民法改正案 選択債権

Coat_of_arms_of_Fiji_svg
rental;wikipedia フィジーの国章 https://goo.gl/7UzvY7

債権の目的(法定利率を除く。)

2 選択債権(民法第410条関係)民法第410条の規律を次のように改めるものとする。

【改正案】
債権の目的である給付の中に不能のものがある場合において、その不能が選択権を有する者の過失によるものであるときは、債権は、その残存するものについて存在する。

【現行】
第410条 債権の目的である給付の中に、初めから不能であるもの又は後に至って不能となったものがあるときは、債権は、その残存するものについて存在する。
2 選択権を有しない当事者の過失によって給付が不能となったときは、前項の規定は、適用しない。

【ポイント】
現行法は、原則として、残存債権のみとし、選択権を有しない当事者の場合を例外規定(不能債権(損害賠償・解除)を選択可)とした。しかし、当事者双方無過失の場合も選択権者の選択権を維持しておくべきとの批判があった。そこで、選択権者に過失有の場合は残存債権のみとし、それ以外(当事者双方が無過失の場合を含む)は、残存債権か、不能債権(損害賠償・解除)かを選択可能とした。なお、原始的不能と後発的不能との区別は廃止した。

参考 日本司法書士会連合会 民事法改正対策部資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す