民法改正案 債務の履行に代わる損害賠償


rental;wikipedia サモアの国章 goo.gl/US3eEK

債務の履行に代わる損害賠償(民法第415条2項関係)

債務の履行に代わる損害賠償の要件について、次のような規律を設けるものとする。

【改正案】新設
前項(民法第415条第1項)の規定により損害賠償の請求をすることができる場合において、債権者は、次に掲げるときは、債務の履行に代わる損害賠償の請求をすることができる。

(1) 債務の履行が不能であるとき。
(2) 債務者がその債務の履行を拒絶する意思を明確に表示したとき。
(3) 債務が契約によって生じたものである場合において、その契約が解除され、又は債務の不履行による契約の解除権が発生したとき。

【ポイント】
填補賠償→主に判例の明文化
交換契約でこちらの債務を履行したい場合、継続的供給契約で不履行部分のみを問題とする場合などに実益あり。

参考 日本司法書士会連合会 民事法改正対策部資料

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す